人気ブログランキング |
カテゴリ:住まい( 323 )
植木
とってもいい感じです。
植木_c0143482_11070518.jpg

by mimasakadoken | 2020-02-19 11:07 | 住まい | Comments(0)
外構
外構_c0143482_11530545.jpg
塀 できたくん

by mimasakadoken | 2020-01-22 11:53 | 住まい | Comments(0)
リノベーション。
これから始まるリノベーション。

リノベーション。_c0143482_11060413.jpeg

予想通りにならない事の方が多いですが、どのように表現したいかを常に考えて進めていきます。

時間も手間も掛かるけども、やりがいはとてもあります。

by mimasakadoken | 2020-01-10 10:49 | 住まい | Comments(0)
明けましておめでとうございます。
新年明けて、今日から仕事始めです。

今年も目の前の事に一生懸命、忙しくても妥協せず仕事をしていきたいと思います。

休み中、赤煉瓦の建物が見たくなって、美術館へ。
明けましておめでとうございます。_c0143482_20055819.jpeg
本年も宜しくお願いします。

by mimasakadoken | 2020-01-06 19:59 | 住まい | Comments(0)
冬の日差し
良い光が当たります

外部の足場がとれました。

冬の日差し_c0143482_16124958.jpg

by mimasakadoken | 2019-12-02 16:15 | 住まい | Comments(0)
秋の終り
あっという間に秋が過ぎていきます。

設計にはいつも悩みます。

土地やクライアントのヒアリングをヒントに設計をするのだけど、これが無理くり考えたり、奇をてらってもいいプランにはならない。
悪いものにはならないと思うけど、なんだかなあ、、、ってなる。
十分なんだけどなあって。

良い悪いってそもそも何?っていうことでいえば、間取りが良い、動線がいい、空間が良い、構成する素材の吟味がいい、などなど。

クライアントと話していて、たぶん頭の中は、理屈や経験とかそういうところの引き出しから、会話するためのネタなどを出してる。
いやいやそんなんじゃなくって、

徐々にだけど、もう話をしていて楽しくてしょうがないってなっていってる。

住まいは機能的なことはすごく重要である。
そして更に、機能的なことに感覚的なことが一体になっていく。
難しい…難しいことじゃないんだけどなぁ…

素敵な家具や、素敵な革靴だってそうである。

ワクワクするものにして届けたい。使いながら愛情を注いでいけるそんな住まいをつくりたい。
人を喜ばせたい。


じっくりと必要な時間をかけて、いい住まいをつくり、クライアントとともに育てていく。
楽しいね

秋の終り_c0143482_07405483.jpg


by mimasakadoken | 2019-10-22 07:55 | 住まい | Comments(0)
いい天気。
過ごしやすくなってきました!
今日は改修工事中の現場です。

いい天気。_c0143482_09335393.jpeg

by mimasakadoken | 2019-10-09 09:31 | 住まい | Comments(0)
焼き杉。
リノベーションの現場。

焼き杉を施工中です。

焼き杉。_c0143482_15275293.jpg

by mimasakadoken | 2019-07-17 15:28 | 住まい | Comments(0)
2次元が3次元に
先日、棟上げが無事終わりました。

ウチにとっても、施主様にとっても1つの区切りです。
今まで図面上で考えて打合せていたものが、現実のものになって形になっていきます。

考え通りになる部分、考えが足らなかった部分、そして予想を超える部分、様々なものが現実となっていく。
嬉しくもありますが、気の引き締まる思いです。

今回の物件からは、田園風景と五重塔が見える素晴らしい立地。
気持ちいいです。
2次元が3次元に_c0143482_17363344.jpg
2次元が3次元に_c0143482_17364092.jpg

by mimasakadoken | 2019-07-16 17:42 | 住まい | Comments(0)
夜は虫の鳴き声を聞きながら。
頭の中で構想を練っていたものを形に。

中々描き始める余裕が無かったが、今晩中には仕上げて明日からは、もう一つのプランのエスキスを始めなければ。
夜は虫の鳴き声を聞きながら。_c0143482_21454325.jpeg

久々の仕事の重なりように、忙しかった20代の頃を思い出し、流れ作業にならないように拘りたいと感じた夜でした。



by mimasakadoken | 2019-07-15 21:25 | 住まい | Comments(0)